BIOGRAPHY

TURTLE ISLAND
タートルアイランド
1999年20世紀末 愛知は三河、豊田大橋ノ下にて結成。今年で結成二十二年目をむかえる。
西洋、東洋の楽器を使い最多で総勢18名のメンバーで活動していたが幾多のメンバーチェンジを繰り返し最近では音楽隊10名と電力メンバー、スタッフと以前よりはタイトな形に収まっている。バラエティに飛んだ各メンバーらが10代半ばで体感したパンクやハードコア、ロック、ロカビリー、各国土着音楽などなどその他様々な音楽やカルチャーを時代と共に経ながら独自の解釈で勝手雑多に飲み込んだ斑骨極東八百万サウンド。自分たちのルーツ、遺伝子、細胞、魂が地の底から沸き踊るような気取らない、あくまでも目指すのは解放の為の音楽YaoyoloZundokoSoundを模索追及しながら国内外で活動中。近年では中国、韓国の音楽仲間達と積極的に交流を続けている。また、2012からは初期から活動を共にする横浜に拠点を置くプロダクション・レーベル"microAction"と橋の下電力、神戸の"Personal Energy"、地元を中心に全国の仲間達からなる"火付け ぬ組"と共に愛知県豊田市矢作川河川敷において「橋の下世界音楽祭」、「橋の下大盆踊り大会」等々、その他様々な人種や立場を超えた人々のコミュニケーションの"場"であり、"実験場"として、我々の時代の"祭"という形を表現のひとつとして続けている。2018年からは充電期間として大規模な開催はしていないが、2021年コロナ禍を経ながらまた新しい動きもゆっくりと着実に始まっている。
MEMBER
永山愛樹(唄、ギター、テピョンソ)
竹舞(太鼓、チャンゴ、唄)
竜巻太郎(Drums、テピョンソ)
奥崎了史郎(太鼓、締め太鼓、チャッパ)
都築弘(太鼓、タブラ)
野中幹敏(Sax、テピョンソ)
後藤和紀(Upright Bass)
CazU-23(Gt)
世界ジョージ(ドゥンドゥン、当り鉦、タマ)
臼井康浩(Gt)
粟田隆央(電力)